* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
* Profile
* Others



百里風

ふたつめの月をもとめて夜になりました
「窓から飛び降りろ」...教師が謝罪

「窓から飛び降りろ」...教師が謝罪

 

よくないですね。こういうの。一種の傷害罪にもなりえるね。傷つけたって、認識あんなら、傷害罪ですね。

 

でもねでもねー

 

我々のころはもっとひどくて

 

「死ね、死んでいい」とか、ヒトシ君という同級生が伏見っていう体育のどーしょうもない教師に「人が死んで、人死(ヒトシ)って読むんだよな」とか、豆腐屋の長田くんには「ショップ」というあだ名をつけたり(豆腐ショップという意味)、首輪で抑えて胸に膝蹴りとか、まーまーあり得ないことが日常的に起こってたわけですよ。

 

しかるに窓から飛び降りろとか、教師の暴力とか許せないのはそのままですが、

 

同時にそれとは別に、子供、人間が打たれ弱くなっているのも大きな問題ですよね。

 

一言、二言で、学校休むとか、泣くとか、大学落ちて挫折とかいうとか、いろいろ。

 

人は争い、奪い合う下世話な生き物ゆえ、そうそうきれいにはいきません。

 

このままだとそーとーな確率で打たれ弱い人間が大量に生産され、委縮効果が増大し、コミュニケーションも阻害されていきます。

 

そのまあ、学校で教師ごときになんか言われたら言い返せと、そのうえで親にチクって木っ端みじんにしてやればいいと思います。

 

たかが教師の分際で子供にえらそうなことを暴力的にいうなど、許されないよね。

 

泣く前に一定の反撃を教えたい。

2017.07.17 Monday * 20:56 | - | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hyakurifu.com/trackback/1516229
トラックバック
<< EXIT | main | THE CROSSING >>